制作日記

2022-07-08 08:00:00

最近の制作の話

One day ,my sweet time.

The time is money.

この2週間。なんだか、スコールみたいな雨と急な気温上昇で暑くて、なんだか疲れました。体調不良で、良好な時とムラがあるっていうか…。

はて?何をやっていたのか?!よくわかりません。

ちょっと振り返ってみます。

えっと。。。

GWぐらいから、私は、ケーキを時間に例えながら、ケーキをモデルに絵を描いています。

私は、甘いひと時が過ぎる儚さと、同じ時間はもう来ないことが気になっています。

不思議です。

そんな思いから描いています。

生きているって不思議。

 

A3F86B84-F331-4AF9-AF37-BB2C4A46D9FB.jpeg C0644E30-F83F-49F1-8919-3D85E61EF5C3.jpeg

C29DBEE5-D0D6-4AE2-8F54-AB1C51964708.jpeg 

9E1BBE48-9F44-4A56-BC28-E0A5793D85E1.jpeg E1FB6A01-3FEC-4877-898A-61DF9B886ACD.jpeg 99C6D5FF-845A-4244-91AA-E4EF19FDA8A8.jpeg F905BFDB-E35F-43A4-BCBA-A7309DBFC2CE.jpeg 38C6325F-8CD7-44AB-9E90-A7EBB948E621.jpeg

 

 

 

 

では。また。次回の日記でお会いしましょう。

2021-07-22 09:30:00

レポート:作品解説

先日開催しました個展『ヘンシン』の作品解説 です。(少し、説明的すぎるのもよくないので一部、省略しています。)

 83F6EA1B-EF21-462D-9FD2-1B3BB1759ED6.jpeg

『まどろみの花園』

size:1170mm×910mm

 

【解説】

時間と共に、記憶や気持ちは変わり、まるで幻のようなこともあります。しかし、何かしら思い入れや感性があります。この作品は、空き家になってしまった庭の人の手が入らなくて、無造作になった植物の風景をモデルに、昔と今を比べて、まどろみながらその時感じた想いを抽出して描きました。

 

 

  

8DBC5624-1F67-4EA4-98E1-299A81E118D3.jpeg 

作品

『名前はまだ』

2021年

size:300mm×300mm

アクリル・綿布

【解説】

 夜に眠りを繰り返し、植物や生き物が代謝して、変身して変わっていくんだろうなという想いを馳せた作品です。

 

 

 

Untitled2021シリーズ

2021年

【解説】

花が咲く庭や風景を描いて、それをまた再構成しました。白い絵の具で覆い、削り、また描くことをして、記憶の変化を表現しましたシリーズです。 

 

778EDBCB-5B74-493F-90D2-C39EF2AB830A.jpeg

 

Untitled2021-1(まどろみ)

2021年

size:158mmx227mm

アクリル・綿布

 

99EFC9F8-C604-410A-B7E9-15585C17D943.jpeg 

Untitled2021-2

2021年

size:158mmx227mm

アクリル・綿布

 

 CF7D69A0-FC76-43CF-BE20-FAA64DCD1E7F.jpeg

Untitled2021-3

2021年

size:150mmx150mm

 

 FDD3C8ED-5D72-46B6-B0AE-EEB9296609D7.jpeg

Untitled2021-4

2021年

size:150mmx150mm

アクリル・綿布・コラージュ

 

 

 

 14BB0A38-6398-4BC3-A3B1-E3E65F422C12.jpeg

作品

『ヘンシンの予感』

2021年

size:1620mm×1300mm

アクリル・綿布・コラージュ

 【解説】

私は、毎日の記憶の積み重ねを再構成して描いて、また絵の具を足したり、引いたりして描いています。

正直、最近は旅行に行く機会も減り、また、年齢を重ねた現実や今まで親かった人とも交流が減ったこと、淡々とした自身の生活スタイルに不安を感じることがあります。時間と共に変わってきた、私自身のアンニュイな心境を反映しています。

 

それから、今回は展示テーマ『ヘンシン』にちなんで、今までどう変わってきたか、私のプチ回顧展のようにしました。私の大学1年生〜3年生時代と大学院2年生時代の作品も展示しました。

自分自身にとっても、色々と振り返ることができる、良い機会でした。

2D0A70C2-64B9-4044-82AC-5D9042DE0640.jpeg

 

 8470F5B4-257B-4DE6-99A7-4958DD6BD769.jpeg

 

 

改めて、個展にお越しいただきありがとうございました。

またどうぞ、よろしくおねがいします。