制作日記

2021-09-21 22:06:00

私が汚した画集の話〜私と江戸琳派と夏秋草図屏風との出会い〜(前編)

読書の秋。

この本は、私の持っている本で大切な本です。

この本は、琳派の酒井抱一の画集。

A9D16DEF-89DB-4C57-A109-2543B2AB9901.jpeg

数年前に、日本美術で琳派っていいなと思い、なんとなく手に入れた本です。しかし、買ってすぐ汚しました。

私は、うっかり、塗料の容器のフタをちゃんと閉めなかったために、白いペンキで、とても派手に汚してしまったのです。その時は、ショックで私の頭の中も真っ白でした...

ユミコ・ショック!(自業自得だべ)

やらかしちまった!泣いた…。(ホント、自業自得)

しかし、しばらくして、転んでもタダでは起きない気持ちが芽生えました。

傷モノにした本をいかに、甦らせるか。いかに、自分にとって汚した以上に、価値を見出せるか…。そう思うようになりました。だから、私は思いついたのです。

それは、何かは、次号で続きを書きます。

では、また。よろしくお願いします。