制作日記

2022-05-17 18:55:00

素描について

素描は、世界と私を繋ぐ方法だと思っています。

 

私は、小学生の頃、図画工作の時間が苦痛でした。先生や学校の雰囲気が、怖くて、表現するのが怖かったからです。

しかし、ある日、外で、風景を写生をする時がありました。その日は、開放感があり、安心して描ける気がしました。そのとき、木の造形や、太陽の光などを、目の前の物をよく見て描くのは、おもしろいと思いました。そして、何か自己と世界の現象のつながりがあるような気がしました。

 

それから、自分が見たもの、思ったことをもとに表現しようと、なんとなく思いました。

次第に、私が怖くて、不安だったものは、無くなっていきました。

 

私にとって、素描は、自分と世界に向き合える時です。

※この記事は、2016年2/14のFBに投稿しました。今でも自分が大事にしていることかなと思い、また、アップしてみました。

C79DE209-DE64-463B-8CBB-5F58D217ED60.jpeg