制作日記(blog)

2024-03-18 05:58:00

喜多方へ行く。

喜多方に行ってのんびり過ごした日曜日でした!

その後は猪苗代湖を見にいきました。

動画はこちらから

2024-03-16 23:35:00

動物のリアルとフィクション

私は、動物に対しては、100%好きかといえば、そうでもないと思う時がある。

 

むしろ、やっぱり、衛生面を気にする。

触って、ムズムズすることもある。

生命を大事に思うから、距離感を感じる。

そんな、流行っているから、きゃーかわいい!

とか、心からなんて思ってない。

でも、国営放送で、たまに深夜に流れているかわいい動物の映像はかわいいし、生態を追った番組はおもしろい。映像作品として楽しみだ。あと、動物の心が読めるエスパーの映像も楽しみだ。

作品を通して、動物を思う。

そんな感じ。

 

 

2024-03-14 12:44:00

年号

令和元年の7月に、個展形式の展示をして5年…。

進化していると思う。

2024-03-10 14:16:00

ダメ、絶対!

いつも、散歩やドライブしている時、作品のアイディアが生まれる気がする。

それをどう表現するかをあれこれしている。それが産みの苦しみといえば、そうであるが、湧き上がる混沌と曖昧な境目で、なんとなく楽しんでいる自分もいる。

自分の中で、前より、もっと魅力的な作品が生まれて欲しい。

ただ、それだけを願っている。

 

作品づくりには、正直でありたい。なぜなら、嘘をつくと美しくないものが出来るから。

ただ、それだけ。

嘘はダメ、絶対!

2024-03-07 00:00:00

制作日記『雪どけと赤い玉』

0E92DA8C-6287-42E1-986E-954B429DA72E.jpeg

 

出品作品の『雪どけと赤い玉』について。

この作品は、豪雪の年だった数年前の私の近所の風景がモデルになっています。雪がとけて、雪囲いが現れてきた3月の様子です。私が、たまたま、散歩していて見つけた風景です。

曲線を帯びた雪の形が、なんだか、おもしろく感じました。こんな雪の形は一生出会えるかわからないなぁ〜っと思いながら、作品にしたいと思いました。

そして、赤い玉は、雪がとけて出てきた、誰かの落とし物です。

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...